不動産支援

不動産の時価評価より負債が大きい、所謂オーバーローン問題。過去の負債を抱えたビルやアパートのオーバーローンは「損切り」が必要です。今売却しても残債が残ってしまう不動産であれば早急に時価に引きなおし借金とのバランスをとることをお勧めいたします。

また、競売になってしまう。または競売になってしまった不動産に対しては、買戻しや任意売却も可能です。引越し費用の捻出や賃貸として住み続けられる、固定資産税や都市計画税等の滞納税の捻出などのアドバイスも行っております。

不動産を任意売却や競売などで処分された場合、一番気になるのはなんといっても残債です。アメリカでは不動産を売却した場合、残債を問われないのが 一般ですが、日本ではトコトン残債については求償されてしまいます。単なる近隣の不動産屋さんでは、不動産処分後のフォローは行いませんが、我々は処分後 の残債に対しての債務免除や圧縮等のアフターケアも行っております。

また、ビルやアパートまたはマンション、戸建の購入希望の方々へは物件のご紹介やローンのご紹介もさせていただいております。

<業務>

・法人、個人の不動産問題に対する支援

・不動産の再生

・オーバーローン部分の債務の免除または圧縮(DPO)

・不動産の買戻し、滞納税措置、ローン残債の措置

・競売不動産の任意売却

・不動産(ビル、アパート、マンション、戸建等)のご紹介

・住宅、不動産ローンのご紹介

・ノンリコースローンのご紹介

・新設法人への融資のご紹介

 

<オーバーローン部分の債務の免除または圧縮(DPO)>

Copyright© 2010 NPO首都圏事業再生支援センター All Rights Reserved.